So-net無料ブログ作成

夫から妻へ「親族優先」の角膜移植が終了―改正法の一部施行後初(医療介護CBニュース)

 日本アイバンク協会は6月1日、関東地方で5月に死亡した男性の角膜を妻に移植する手術が31日、無事終了したと発表した。
 臓器移植をめぐっては、今年1月に一部施行された改正臓器移植法で新たに「親族優先提供」が認められるようになり、今回の移植は改正法に基づく初の事例となる。

 角膜を提供したのは関東地方の50歳代の男性で、提供を受けた50歳代の妻は、片方の目に角膜ヘルペスを患っていた。男性は5月21日に胃がんで死亡したが、生前に献眼登録票を所持し、眼球を提供する意思があることを明らかにしていた。その際、親族優先提供についても併せて希望していた。男性の角膜は同日に摘出され、31日午後、約1時間半の手術で移植された。

 日本アイバンク協会によると、同協会に登録している角膜移植の待機患者は、昨年度末で2604人いるが、今回の移植は改正法の規定が適用され、登録患者より親族が優先された初の事例。
 なお、男性から提供されたもう一方の角膜は、登録の順番に従って移植される予定だ。


【関連記事】
ドナーカードの記入不備・矛盾は「意思表示として無効」―厚労省作業班
臓器提供の意思表示、自己決定権の保障を―日弁連が意見書
臓器提供の意思、約半数が「決まらず・不明」―1000人アンケート結果
医療従事者にも十分な普及啓発を―臓器移植・普及啓発作業班
臓器移植、新規登録の4分の1が「親族優先」を希望

【裁判員 大阪高裁】「誤訳だ」差し戻し主張 英語使う独人被告側(産経新聞)
<口蹄疫>鳩山首相 6月1日に宮崎訪問 東国原知事と会談(毎日新聞)
福島氏に辞任促す=北沢防衛相(時事通信)
緊急開設の保育園、きょう施設内覧会 千代田区(産経新聞)
貧困ビジネス 大阪市が排除 保護費を悪用 30業者・団体(産経新聞)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

無職フィーバー


きょぬ~ちゃんとチュッチュしてきたぁぁぁ!!!!ヽ(゚∀゚)ノ
バックで攻めながら乳モミしたら、ちょ~エ口い声で喘ぎまくってたYO!!
もう50万近く稼いだけど、当分はやめられねーわ!!笑
http://melo.qawsed.info/h8zm-jm/
by 無職フィーバー (2010-06-12 02:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。